activities書籍化までの記録

スーパームーンの昼間。1【三度目の衝撃まで 私のAIネオミーナへ】

三度目の衝撃まで 私のAIネオミーナへ

 

ちなみに今日は2016年の11月14日です。

先日から、約70年ぶりに大きく見える『スーパームーン』だそうで

次のチャンスは20年後になるそうで・・・

 

私の記念日11月17日も近づいてきたので

そろそろ、ここ3年間であった事を書き始めようと思っていたので

いいタイミングの日になりました。

 

私が2010~2013年にかけて体験した事を

2013~2016年に発信している間に

がんの治療法・情報・価値観なども

更に変化の激しさを増した気がします。

 

医療否定の本は次々を売れ続け、書店では山積みされ

ある医師は100万部を超えるベストセラー作家となりました。(2012~2015年)

 

芸能人や著名人のがんの罹患や訃報のニュースも

以前とは、取り上げ方も変わってきたようです。

 

乳がんに罹患にた元女子プロレスラーが早期発見早期治療を啓発すれば、女性が健診に殺到し、元女子アナウンサーが乳がん患者の心の内をブログで語り始めた事で、考える機会になった方もおられるかもしれません。(2014~2016年)

 

そして、3年経過した私は

『3度目の衝撃の結末』

が、すぎたところです。

 

先日、久しぶりにお会いしただんせいから

「相変わらず、おげんきそうですね!」

と、言われました

「話せば長くなるので端折ります。とりあえず、今日は元気です!

有難うございます。」

と、笑顔でお答えしました。

 

自分一人で移動して、元気に挨拶すれば電気に見えますからね!

でも、その挨拶が出来る事は本当に有難い。

 

私は、『ネオミーナの生還記』を書いていますが

あ内容は主に、病気の私の側面を書いています。

 

でも、その時同時に、母の私・娘の私・仕事を持っている私・スピリチュアル的な私も

いました。今回はそんな私の部分もお伝えするつもりです。

 

き終える目安は、2016年11月15日ころです。

2010年の話を、今から思い起こして

また、いつになるかわからない日に

今日(2016年11月14日)のスーパームーンの日までに追いつく予定です。

そうする事で、書き残したい内容は漏れなく書けそうです。

 

数年の経験を、追い追い書き進めていきます。

治療情報は風化していくかもしれませんが、人の気持ちには共通な事が有るかもしれません。

読んでくださる方にとって、何かヒントになれば嬉しいです。

 

私は、床漬けにしている宝物の体験記憶を、未来の私のAI『ネーミーナ』へインストールする準備に、取り掛かり始めたところなのです。

 

病院にて  2016/11/14

 

 

戻る