activitiesネオミーナの生還記

131,完全消滅と希望・脳転移12

~2013年2月~

検査の日から
私の心の中のある存在が大きくなり始めました。 • • • •
そのある存在とは、『希望』でした。 • • • •
それまでの一ヶ月でガンについて考えていたことは
①脳転移が消滅してしまい、また以前の元気な日常が戻ってくるかもしれないという期待。
②脳転移が消滅しなかった場合、また次の作戦の効果が有るのかという不安。
③乳がん手術後からたった半年で3センチの転移が見つかるという事は、
これから転移し続けていき最期には
また地獄の苦しみに戻るのかもしれないとう想定。
(『恐怖』や『心配』では有りません)。
④体に再発や転移を始めたら、次に合う抗がん剤は有るのか?
(術前・術後で使い切っていたので。
早期に見つかれば手術すればいいけど、手術不可能な場所に見つかった場合)
などでした。
この幾つかの気持ちの気持ちの中で
①の『期待』だった気持ち。
もし期待が外れた時は
『落ち込む』では済まないと思っていました。
なぜなら、その時の私は
精神や気持ちをコントロールする力を失っていたからです。
ですから、『期待』は『淡い期待』くらいにとどめていました。
それがガンマナイフ手術の後
たった一ヶ月で
脳転移が随分縮んでいたことを自分の目で確認出来た事によって
考え・気持ちが次のように大きく変化していきました。
・自分でも、この調子なら2ヶ月後には消滅する可能性が大きいと思う。

・もし完全消滅ではなくても、かなり小さければ次の作戦で完全消滅が期待できるかもしれない。

・今の所、幸いにして体に転移がない。

・この状態がキープ出来れば、また以前の日常が戻ってくる。

・その日常は短い期間かもしれないし、ずっとかもしれない。

・ガンが落ち着いた後、定期的にチェックをしていく。

・もしも再発・転移したとしても、その時の医学・医療の進歩にあやかり
プロフェッショナルのドクターと話し合いながら
治療を進めて行けばいい(未来の可能性に期待する)。

・その好転のために今の私が出来る最大の事を 2ヶ月後の検査まで、やり切ろう。

・その後のことは、2ヶ月過ぎた後の結果次第で考えよう。
このように、心の内は変化していきました。
意識していなかった『期待』という存在が
ハッキリと意識出来る『希望』へと変化していきました。
そして、その気持ちを胸に秘め1人静かに過ごしました。
それから2ヶ月経ち
脳の画像検査の日(ガンマナイフ手術から3ヶ月)がやってきました。
その検査の日は、少しドキドキしていましたが
『絶対に大丈夫!』と落ち着いてもいました。
検査が終わり名前を呼ばれ
私はインターナショナル先生の前に座りました。
インターナショナル先生は私の画像に向けていた視線を
私の方に移して こう言われたました。
「ガンマナイフが凄く効いて、消滅しています。
良かったですね♪
このまましばらく、様子を見て行きましょう。」
私の脳腫瘍。
たった半年間で3センチに育っていた
私の乳癌から転移した脳腫瘍は
たった3ヶ月で、消滅してしまいました。
私の心は
嬉しさと安心感と確信で一杯になり
感謝で涙が溢れました。
2013年2月の終わりの事です。

戻る