activitiesがん友と。

遠隔治療と末期ガン(放置ガン友7)

私は度々
ジュリアの元へ
訪れました。
入院していた季節が真夏だったので
あっさりした美味しい物や
手作りスープなどを届けに行きました。
その時のジュリアは
沢山の『癌が治る』という
サプリメントや水やグッズに囲まれた
ベッドに横たわっていました。
そして、遠隔治療もしているという話から
言われた事を、苦笑いしながら話してくれました。
ジュリア「さっき、遠隔治療の先生から
『あなたの癌は消えているから。』
と言われました。」
私「・・・・。
そうですか・・・。」
癌で末期状態になり動けないと分かると
電話などで、無責任な言葉を言う人々がいるようです。
実際に、電話や見舞いの時に
傷つく言葉を言われたとしても
家族や友人には心配かけまいと
心の中に収めてしまうこもしれません。
そのように、ジュリアが言われたような
無責任な言葉を耳にすると、私にも色々な感情が湧いてきます。
その感情を、今の原動力の一部分にしています。
7/7

戻る