pink earth

末期乳癌による余命一ヶ月。
私を死の淵から救い出した白馬の王子。

pink earthの由来
pink:乳がんと女性らしさの象徴の
earth:「生と死」の狭間を超えて見た景色が地球だった

乳がんと女性らしさの象徴の
「生と死」の狭間を超えて見た景色が地球だった

そして地球は青かった… by ガガーリン
宇宙という冷たい世界から見た地球はご存知の通り「blue earth」です。
暗黒の宇宙に浮かびあがった地球は大変美しかったことでしょう。
青い地球は物質として見えます。

しかし、私が生と死の狭間を乗り越え目醒めた時に見た地球は対照的に温かいものでした。
水や空気、暖かさなどを五感で感じとるもの。
完璧なバランスの中に人や動植物が生かされ共存している現実の世界。

自分の内側の状態によって見える地球は、感謝や愛、
慈しみののオーラが地球を包み込んでいる光景でありまさに「pink earth」だったのです。

『生かされた命を社会に返し、情報の架け橋になりたい』 in 関東

来週から、しばらく関東に出張します。 大きな仕事&イベントが、3件有ります。 ①某外資系保険会社にて、 […]

兆し。。。?~ネオミーナ生還記出版までの道~

私が、この末期がん体験を活かしたいと決めた時 まず、一番初めに思い浮かんだ方法は 『本』 を出すことでした。 […]

講演会実績

2012年
9月
乳癌体験講演会(ガン患者会主催)
10月
2回の講演会開催(ナチュ村千早店にて)
※最後の講演会の2日後脳転移の為活動休止

2014年
11月
乳癌セミナー(博多にて再開)

ブログ

末期乳癌・脳転移・自己崩壊のあと日記(アメブロ)

生還までのブログをダウンロード

ブログで紹介した過去の記事を纏めた資料

contact
病歴 2010
2月
胸のシコリに気付いて病院へ
直結1cm 検査無し
11月
乳がんと診断
(サブタイプ:トリプルネガティブ)
12月
民間療法スタート
ガン放置療法 開始時 直径4cm
2011
4月
代替療法スタート
開始時直径11cm
11月
抗がん剤治療スタート
開始時 陥没状態
2週間後の余命一ヶ月と宣告を受ける
2012
4月
乳がん手術成功
術後治療終了後3回の講演会
8月
術後化学治療終了
11月
脳転移発覚(放射線手術を受ける)
2013 2014
2月
脳転移消滅確認
2014年
11月
プチ講演会再開
経過観察中
現在
画像上 ガンは確認されていません
抗がん剤治療中 in Vietnam
最愛のむすめとの時間
抗がん剤治療に救われる

2010年の2月、ある日私は胸に小さなシコリを発見しました。
私が選んだ治療法は「ガン放置療法(無治療)」でした。
選択した理由は、当時の私の頭の中には「抗がん剤で殺される」という認識しかなかったからです。

その後食事療法(玄米生菜食・断食・酵素)、民間療法、温熱療法、サプリメントなど「ガンが縮小する」と言われている様々な手法を取り入れた結果が、「余命一ヶ月」の宣告でした。最終的に命を救ってくれたのは、強く拒み、拒絶し続けていた思いもよらない抗がん剤と手術によるものでした。

2012年の11月、半年後には3センチに急成長した脳転移が確認されましたその後、放射線手術のおかげで3ヶ月後には完全消滅していました。

様々な治療方法や民間療法が溢れ渦巻く中、医療不信を招く情報に惑わされて末期癌になった私が現在、社会復帰し人生を再び送れているのは多くの人・物・医療のお陰であり、多くの支えが導いてくれたからでした。

この約1000日に及ぶ闘病中(入院280日)に誓ったことは、玉石混交のガン情報に翻弄される方々に向けて私の体験を通して情報の選択法や感謝を伝える活動を行い、社会に恩返しをすること。そして救われた事への感謝の気持ちとこの世を去った同志の代弁者として、新たに授かった時間を社会の役に立てることが使命と強く感じています。

mina kitasato
北里ミーナ

60分のテーマに沿ったプチ講座とQ&A
その後美味しい食事を取りながらの交流会

日本人女性の14人に1人は乳癌になる時代になりました。
1人1人の個性があるようにガンの種類や原因も様々で、努力だけで防ぐことは容易ではありません。欧米では、乳がん検診率は高く乳がん死亡率は減少しています。それと比べて日本は欧米の半分以下の乳がん検診率しかありません。

末期乳がん患者から社会復帰した私は「がん検診に行かないリスクと早期発見を勧める理由」を自身の体験と経験した知識からお伝えしたいと思いました。

美ガン術は、生還するまでのリスクの回避方法や考え方、正確な情報の入手先、闘病中の実際の画像などを使い、乳がん体験者による啓発活動をセミナー形式にしたものです。“備えあれば憂なし”このプチ講座により、1人でも多くの方にシコリを発見して慌てないための予備知識を身につけていただくことを目的としています。そんなスキルを総合し生還までのメソッドを美ガン術と名付けました。

美ガン術の講座イロイロ

乳癌編 〜予備知識で武装〜
乳癌・治療の種類などの基礎知識、
慌てる前のリスク管理情報を学びましょう。

脳腫瘍と心の関係編 〜転移や再発の知識〜
脳のガンが消滅した治療法など 体に優しい医療情報。
心と病気の関係、メンタルケアを考える。

美ガン術プチ講座

乳がんになっても、今までと同じように女性らしくしていたい。でも病気になると 何故か病人らしくなってしまいがちです。そこで前向きな笑顔[美ガン]=[美顔]の意味も込めました。病気になると今まで当たり前と思っていたから気付かなかった事に気付いたりします。それは自然の美しさだったり、今まで気づかなかった美しい物を発見できる事も有ります。

bigin(始める)の過去形であるbigun
今辛い気持ちや治療もいつかは過去となります。

美ガン術プチ講座 5〜20人迄

  • ランチタイム2,000円〜
  • ディナータイム2,500円〜

場所により異なる場合があります、基本的には食事代は含まれます
その他、出張セミナーも受け付けておりますので、お気軽にご相談下さい。

個別対応

ガン経験者で資格所有者(ピンクリボンアドバイザー)が基本的に1対1で行います。
ガンのことやそれ以外のこともプライバシーを守りながら行うカウンセリングとなっており、
傾聴セラピーとリレーカウンセリングの2つがあります。

  • 90分8,000円〜
  • 120分10,000円〜

出張費に関しましては、ご相談下さい。

個別の対話

治療法について不安のある方が、前向きに治療に進めることを目的としたカウンセリングサポートです。不安要素の一つとして治療法の理解不足が多いようです。抗がん剤や手術、放射線の体験者の私達が前向きに治療に進めるように治療理解へのサポートをします。
※医療的なアドバイスは行いません

例その1
専門用語について

ガンの用語は初めて聞く名称ばかりです。名称が難しい上、治療方法や流れを理解するのは困難です。普段なら理解できることも、精神状態が不安な場合や落ち込んでいる時は誤解や混乱を招き、間違った方向性に捉えられる場合があります。このような状況が生じないように、治療の進め方の解説や理解のサポートをします。

例その2
抗がん剤への理解

抗がん剤への抵抗が強い方、抗がん剤に関する新しい情報や資料を提供するとともに、抗がん剤の副作用について体験者に直接お聞きいただけます。抗がん剤・手術・放射線治療を施したにも関わらず身近な方を亡くしてしまった経験をお持ちの方へ、様々な角度から正しい抗がん剤への理解を深めていただくことができます。

傾聴ケア

アドバイスを求めず静かに寄り添って話を聞いて欲しい方が対象です。

ガンになると心の中に色々な感情が湧き出ます。そんな時には安心して話せる第三者の人に聞いてほしいと思う場面が多々あります。家族や友人に心配をかけたくない、ガン治療の経験がある人が周りにいないなど、吐き出す場が無いのが現状です。このプライベート空間の中、同じ体験をした私達にお話いただき、少しでも心が軽くなれればと思います。

病院同行:インフォームドコンセント

ガンの宣告をされた後は精神的に不安定になりがちです。医師からの説明にも理解に苦しみ、大切な部分を聞き逃すこと、メモがきちんと取れないこともあります。相違が起こり得る状態での認識は、命の危機につながる原因・要素です。この病院同行では、医師からの十分な説明を一緒に受け、正しく理解し納得できたかを確認します。また、メモの確認や次回の治療の確認までのプロセスを一緒に行います。

病院同行:平日の日中のみ
費用:6,000円(福岡市内近郊、それ以外は相談に応じます)
ご家族やご友人の代行として同じ体験をした私達がサポートします。

出版[予定]

2013年暮れからスタート、日々ネット上で草の根配信している私の経験を伝えるブログ。約130日かけて綴った末期乳ガン生還までのストーリーを草の根配信のつもりで更新しています。命を失いかけたからこそ気付けたことや医療の情報など、1000日におよぶ闘病記を約4ヶ月かけて綴った内容になっています。

そのブログをいつの日か生まれ変わったかのように、全く違う形にアレンジしています。ガンのネガティブ・イメージを払拭し、誰でも明るく、楽しく、前向きに生きる為のライフスタイル・ブックとしてプレゼント、大切な方へのギフトとしてご利用いただける本になる予定です。

講演実績

2012年9月
乳癌体験講演会(ガン患者会主催)
2012年10月
2回の講演会開催(ナチュ村千早店) 講演会の2日後、脳転移のため活動休止
2014年11月
乳癌セミナー再開(博多)にて。月1~2回実地
  • 5人~10人10,000円〜
  • 11人~20人20,000円〜
  • 21人~相談に応じます

出張費は別途ご相談ください

カフェバー[予定]

私は乳がんの治療中殆ど落ち込むことがありませんでした。それは「ガンは抗がん剤をせずに免疫を高めれば治る」と思い込んでいたからです。ところが余命一ヶ月宣告を言われたその瞬間から世界が一変しました。今まで信じていたものから裏切られたのです。

生まれて初めて体験した「闇の世界」であり「同じ経験をした人にしか分かり得ない世界」だったのです。脳転移が見つかった時、その後のある事件が引き金となり完全に心が折れ崩れてしまいました。

いつもの私であれば全く平気だったことでさえ、その時の私には耐えられませんでした。そんな私自身の経験から心底に心が休まる本当の「場」が必要だと知ったのです。

講演依頼・個別対応の予約はこちらからお願いします
※治療法に関するお問い合わせはご遠慮ください

お名前
メールアドレス
 メルマガ購読希望
お問い合わせ内容